調査まとめ

No Image

SaaS系クラウドサービスの場合、競合他社のサービスが自社特許権を侵害しているかどうかを、UIに現れる挙動から確認・推認できるように権利をつくり込む必要がある
裁判で侵害立証する場合、下記2点を考えられる侵害立証のための書類提出命令制 ...

調査まとめ

No Image

ライセンスインライセンスイン:他社の知的財産についてライセンスを受けること
ライセンスを受ける目的に対してライセンス対象に不足がないように規定する特許権のみで足りるか、分割出願など派生的な特許権を含むか、国外の権利を対象にするか、現在 ...

その他,調査まとめ

No Image

出願系国内出願特許庁により、審査請求料等を1/3に軽減する制度あり
約2.5ヶ月で最終処分まで完了できるスーパー早期審査あり
海外出願地方自治体、JETROによる助成制度あり(東京都は助成率1/2、最大300万まで)

調査まとめ,その他

No Image

特許の本質特許権の本質は「排他権(他社に実施させない権利)」である例えば、Aが設計思想の特許を取り、Bがその改良特許をとった場合、AはBの許可がないとBの特許の範囲を実施できない。BはAの許可がないと改良特許を実施できない。Aが企業の場合、 ...

調査まとめ

No Image
概要観測したデータにおいて、項目間の因果関係について仮説を立て、その仮説が正しいかどうかを検証する解析手法
共分散構造解析(Covariance Structure Analysis)も構造方程式モデリング(SEM:Stru ...

調査まとめ

No Image

モデル適合度について共分散構造分析において、解析したモデルが正しいかどうかを判断するために、いくつかの指標を設定する
どれか一つの適合度指標を採用するのではなく、いくつかの適合度指標それぞれの性質を理解して相互的に判断していくことが重 ...

調査まとめ

No Image

各項目lvalLeft-side valueの略
パスに接続された片方の変数
opOperatorの略
パスの演算子~ (回帰演算子、Regression operator)rvalがlvalに回帰することを示す ...

手順,調査まとめ

No Image

前提条件OCIでKubernetesのMaster nodeとWorker nodeを作成しているOCIのVMインスタンスにKubernetesクラスタを構築する(マスター・ワーカー共通)
OCIのVMインスタンスにKubernete ...

調査まとめ

No Image

mTLSとはmutual TLS (= 2way TLS)TLS(Transport Layer Security)はSSL/TLSとも呼ばれるTLSのコアはPKI(Public Key Infrastructure、公開鍵暗号基盤)とX. ...

手順,調査まとめ

No Image

前提条件同じVCN内に2つのVMインスタンスを作成
ポイント片方のVMインスタンスと他方のVMインスタンスでやりとりしたい場合、Security ListのIngress Ruleをデフォルト設定ではできない場合があるどのIPからのど ...