調査まとめ

No Image

SaaS系クラウドサービスの場合、競合他社のサービスが自社特許権を侵害しているかどうかを、UIに現れる挙動から確認・推認できるように権利をつくり込む必要がある
裁判で侵害立証する場合、下記2点を考えられる侵害立証のための書類提出命令制 ...

調査まとめ

No Image

ライセンスインライセンスイン:他社の知的財産についてライセンスを受けること
ライセンスを受ける目的に対してライセンス対象に不足がないように規定する特許権のみで足りるか、分割出願など派生的な特許権を含むか、国外の権利を対象にするか、現在 ...

調査まとめ

No Image

出願系国内出願特許庁により、審査請求料等を1/3に軽減する制度あり
約2.5ヶ月で最終処分まで完了できるスーパー早期審査あり
海外出願地方自治体、JETROによる助成制度あり(東京都は助成率1/2、最大300万まで)

調査まとめ

No Image

特許の本質特許権の本質は「排他権(他社に実施させない権利)」である例えば、Aが設計思想の特許を取り、Bがその改良特許をとった場合、AはBの許可がないとBの特許の範囲を実施できない。BはAの許可がないと改良特許を実施できない。Aが企業の場合、 ...